ホーム > 住宅リフォーム情報館
住宅リフォーム情報館
Index

塗装の基礎知識


塗料の種類とその特長
油性塗料と水性塗料
ひと昔前までは、塗料といえば油性と考えられていました。
今は、水でうすめられ刺激臭もない水性塗料が豊富に出回っています。
引火性もないから安全。乾いてしまえば、もちろん水に溶けることはありません。
その他の塗料としては、ラッカー系塗料が挙げられます。
スプレー式塗料
電気製品や自転車、ホビー用品などを手軽に塗るにはスプレー式塗料があります。
噴射口を対象に直角に向け、近付け過ぎると塗料がタレるので30cmほど離して吹き付けます。
使用前には容器を30秒~1分ぐらい振って下さい。
同じ所に噴射し続けないように気を付けて、まんべんなく吹き付けます。
引火性が強いので、特に火気には注意が必要です。

塗れるもの塗れないもの
塗料選びに失敗するとせっかく塗ったものが乾かなかったり、短時間ではがれてしまったり、これでは二度手間です。
塗れるもの、塗れないものは容器の表示で確かめておきましょう。

塗料を使い始める時
中味を十分に撹拌することが大切です。
容器を逆さまにして振った後で開封し、開けたら底から棒でよく混ぜます。
このとき粘り気があり過ぎて塗りにくいようでしたらうすめ液でうすめて下さい。
特に1回塗りの時には、うすめ液を5%~10%ほど加えると塗りやすくなります。

うすめ液って何?
水性塗料をうすめるには水を使います。
ラッカー系塗料ならラッカーうすめ液。その他の塗料であればペイントうすめ液を使います。
うすめ液は塗装用具の洗浄や手や衣服に付いた塗料を拭き取るのにも役立ちます。

残った塗料の保存方法
水性塗料
水性塗料の場合、きっちりフタを閉めておけば保存は可能です。
但し、水を加えた塗料は水が腐るので、保存は6ヶ月が限度です。できるだけ早めに使い切って下さい。
油性塗料
油性塗料は空気に触れると固まってしまうので、ペイントうすめ液を少量加え混ぜずにそのままフタをしましょう。
こうすれば乾燥して塗料の表面 に皮膜が出来るのを防ぎます。

※えびすホームの屋根外壁リフォームはコチラ

屋根の塗り替え時期



屋根は太陽光を直接受ける激しい環境にあるだけに、耐久性の高い材料が望まれます。
塗膜が劣化し、防水性が無くなる前に、適切な塗り替えが望ましいです。

※えびすホームの屋根外壁リフォームはコチラ





サービスメニュー
住宅リフォーム 住宅リフォーム
屋根外壁リフォーム
屋根・外壁塗替え
屋根遮熱塗料
カラーセラミックス
屋根補修
屋上・ベランダ防水工事
テラス・バルコニー屋根
エクステリア エクステリア
バルコニー・階段
テラス・バルコニー屋根
庭まわり
水まわり
キッチン補修・交換
浴室交換
トイレ(和式→洋式)
洗面化粧台・交換
バリアフリー工事 バリアフリー工事
バリアフリー工事について
手摺り(手すり)
段差解消
介護保険を利用したバリアフリー工事
建物安全対策 建物安全対策
耐震補強、家具転倒防止
階段のすべり止め
防犯(カギ交換)


お気軽にお問合せ下さい!
問い合わせ

私が代表の谷合です。



増改築相談員


ページトップ
運営会社プライバシーポリシーサイト運営規定リンク集