ホーム > サービス > 住宅リフォーム  > 雨漏り修理
雨漏り修理
Index

えびすホームの雨漏り対策


雨漏りは、対処が早ければ早いほど、被害が広がらずに済み、工事費・材料代も確実に安く済みます。
放っておくとシロアリなどの二次災害を招く原因になり、また再発の危険性も非常に高くなってしまいます。
えびすホームは、長年雨漏り対策を行った実績と経験をもとに、最適な修理を行います。
急な雨漏りや、何度も再発する雨漏りにお困りの方は、いつでもご相談下さい。

雨漏りの原因


雨漏りの原因と言うと、
・屋根(瓦)の壊れ、老朽化
・外壁のひび割れ、サッシ廻りなど、老朽化で隙間が出てきた
・防水が切れた
などの理由が挙げられます。

一番の原因は老朽化

特に屋根は一年を通して、紫外線・雨水・台風・積雪といった過酷な天候を常に受け続ける部分ですし、 普段なかなかチェックできる場所でもありませんので、どうしても屋根に負ったダメージに気づくのが遅くなりがちになってしまいます。
屋根の老朽化ですが、屋根からの雨漏りというのは、老朽化という言葉の示す通り、家自体が比較的古い場合に多く見受けられます。

新築でも雨漏りが!

では、割と新しい家なのに雨漏りがするというのは、一体何が原因なのでしょうか。
実は、新築して5年未満など、比較的新しい建物でも雨漏りが発生するケースがあります。
その原因のほとんどは、外壁、特に窓廻りや換気口廻りからの雨漏りです。
まず知っておいて頂きたいのは、窓や換気口などの開口部は、そもそもが「雨水に対し、構造として弱点となり得る部分」ということです。
つまり、他の箇所よりも入念に、防水処理をしっかりしなければなりません。それだけに、防水技術の良し悪しが、結果として「雨漏り」という形で現れやすいのです。
通常、シーリングの寿命は、約5年程と言われています。
新築したてなど、あまりに早くサッシから雨漏りが発生した場合は、防水テープや防水紙の貼り方、もしくはシーリングの打ち方、サッシの収め方など、雨仕舞いの処理の甘さを疑うことも視野に入れるべきだと思います。
新築住宅は、10年の瑕疵保証が義務付けられていますが、実はその瑕疵保証制度が適用された事故の約8割が「雨漏り」だとも言われています。
このような保証期間内の雨漏りの場合でも、えびすホームが責任をもって原因の究明と修理を行い、保険会社との調整も行います。

雨漏り修理事例


小金井市、H氏邸のリフォーム中に、ベランダで亀裂を発見。

<改修前>
その亀裂から覗いたら腐食している気配!

雨漏り(兆候)

雨漏り(マーキング)

そこで、ベランダの床を解体したところ、雨水の浸透でかなり腐食が進行していました。
現在、改装中です!

雨水の浸透で腐食したベランダ床
                       

<改修後>

改修後のベランダ床


ベランダ床のウレタン防水工事
<改修前>
老朽化したベランダ床

                    
ウレタン防水工事後




サービスメニュー
住宅リフォーム 住宅リフォーム
屋根外壁リフォーム
屋根・外壁塗替え
屋根遮熱塗料
カラーセラミックス
屋根補修
屋上・ベランダ防水工事
テラス・バルコニー屋根
エクステリア エクステリア
バルコニー・階段
テラス・バルコニー屋根
庭まわり
水まわり
キッチン補修・交換
浴室交換
トイレ(和式→洋式)
洗面化粧台・交換
バリアフリー工事 バリアフリー工事
バリアフリー工事について
手摺り(手すり)
段差解消
介護保険を利用したバリアフリー工事
建物安全対策 建物安全対策
耐震補強、家具転倒防止
階段のすべり止め
防犯(カギ交換)


お気軽にお問合せ下さい!
問い合わせ

私が代表の谷合です。



増改築相談員


ページトップ
運営会社プライバシーポリシーサイト運営規定リンク集